うたうひとのひとり言

主にひとり言。楽しくいこっ!

いきものとしての劣等感

こんにちは

 

今日はヒマなので

また登場。

 

みなさん結婚して

子供が生まれて

子育てして

生活している夫婦が多いと思いますが

 

我が家はいません。

 

そのうちー

から、

いまねー、頑張ってますー

から、

あーまー、ねー。苦笑

から、

ウチはいないんですよー。

 

しつこい人には

できないんで治療やめましたって言うと

キズつかれます。笑

涙ぐまれる時も。笑

 

泣いてきたのはこっちだし、

泣きたいのは私!笑

 

 

そんなワケで

 

子育てもなく、

思春期の子どもに手間焼く事もなく

学費もかかる事なく

子供の成人するのを見る事もなく

子供が結婚するのを見る事もなく

もちろん孫を見ることもなく

私たちのDNAは残らない訳です。

 

2人に似た子どもを見る事はない

これ結構ショックですよ。

 

日本とイギリス、スコットランドアイルランドペルシャ、アフリカ、ロシアの

超ハイブリッドは生まれないんでございます。

 

この生き物として、動物としての

劣等感。

それだけじゃなくて、

人間としても時々劣等感を感じますね。

 

世間では、親になってはじめて一人前だとか

子供のいない人にはわからないとか

言われる事もありますからね…。

 

可能性は0ではないんですが、

それをやらない決断をしたのは

自分たちなので、仕方がないのですが。

 

 

決断をしたけど、

子どもを見るのは辛いし

 

子持ちの友達に会うのも結構しんどい。

それなのになぜか懐かれて

だいたい男の子には告白されます。笑

 

知り合いや友達の妊娠報告には

未だに息が詰まってしまうし…

年賀状とか、固まります。笑

 

何も知らないからしょうがないけど、

子供は早く産んだほうがいいよー!

 

なんて言われると血の気が引きます。

 

ま、アラフォーになったら

絶対に子どもは産まない、作らないと

決めてたんで、

アラフォーになるのを待ちますね。

 

そしたらまた見方や気持ちがかわるかも!?

 

 

まあ、たまには

超プライベートなお話もしてみました。