うたうひとのひとり言

主にひとり言。楽しくいこっ!

自分とはなんぞや:長いよ

こんばんは。

 

今夜は久々に頭を使いました。

 

私、理美は、歌とネコと

美味しい料理と

美味しいお酒からできています🤗

 

というのは冗談で?

 

自分のアイデンティティ

自分は何者なのか。

アイデンティティ…個性という言葉は

個人的にあまりイメージか良くないので、

どちらかというと、概念とか、品質、かな。

 

 

私が歌う歌はどんな歌なのか

どういう品質なのか

キャラクター。

 

そこんとこ、ここ最近ずーっと

ごちゃごちゃして、

色々試しては疲れ、

迷走していました。

 

特に、自分のお教室では

生徒さんとジャンル問わず一緒に歌うので

自分もあれ歌ってみよう

これ歌ってみようとトライはするものの

 

苦しいのですね。

自由に歌えない苦しさ。

音程やフレーズをコントロールできない

苦しさ。

 

冷静になって考えたら、

私、ソプラノ歌手じゃん。

 

ミュージカルや歌謡曲

生徒さんと一緒に歌うのは良いとして

自分のレパートリーに入れるには無理がある。

 

それも、そのミュージカルや歌謡曲

歌手が歌うようにね。

その歌唱の技術を得てないわけだから、

音程をコントロールできないのも

フレーズをコントロールできないのも

そらそうだわ。

 

 

それは昔、ミュージカルも

オペラ歌手が歌っていました。

 

エストサイド・ストーリー:

 

バーンスタインの録音は

ホセカレーラス、キリテカナワ。

 

時代は変わって、ミュージカルの音楽も

歌う歌手も変わってゆき

今こうなっているわけだけれども、

 

私もオペラのように歌っていいのだよ。

というか、そう歌うのが一番いいのだよ。

 

だってその発声を学んだんだから。

 

最近のミュージカルになっちゃうと

やはり無理がありますが…

 

最近は色々クラシック界も

変わって来てるので

こう言っていいのか微妙ですが、

 

基本、ベルカントで。

Bel canto イタリア語で

美しい声

で歌います!

 

 

ご清聴ありがとうございました!